基本コミュニケーション能力

プログラマーに求められる能力として、もちろんテクニカルな部分は当たり前ですが、何といっても社内外問わず、クライアントが求めるものが何か?それを的確にとらえる理解力や、なんといってもコミュニケーション能力が重要であると思います。
クライアントは何といっても実現したい要件を提示するとことまで。それをいかに実現するためのプログラムを組んでいくか、具体的な形としてクライアントにしっかり提示していけ寝なばりません。ここでコミュニケーションの齟齬があったり、理解に相違があった場合は、残念なことになかなか成果として高い評価をもらえないことになっていまいます。もちろん、このタスクがプログラマーの領域か?と問われれば、営業やEの領域かもしれまえん。いかいながら、いずれにしてもプログラマーの理解力やコミュニケーション能力が低い場合には、成果物としてこうしたマイナスにつながることをいっかりと理解いておく必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました