プログラマーの必要になる力

近年プログラミング勉強をしてプログラマーを目指す方が多いと思いますが、では実際にどのような能力、知識が必要になるのかを記していきます。

まず性格面でいきますと、
1.筋道の立つ考えのするかた(論理的思考力)
2.コミュニケーション
3.忍耐力
この3つが必要になります。

1についてはプログラミングとはPCに対して命令することです。PCにはアバウトさが無いために推理小説のような矛盾が無い内容が求められます。
2については以外かもしれませんが顧客とのやりとり(要望の変更等)があり、仕事仲間との協調性(チームでプロジェクトをするため)が求められるためです。
3はプログラミングではよくバグが発生するのできちんと修正できるまで根気がいります。
少しのことで徹夜も珍しくないです。

次によく使われるプログラミング言語について説明します。
色々ありますが、求人数や学習しやすさで選ぶなら次の3つです。
1.Python
2.Java
3.Ruby

1についてですが、シンプルで書きやすいため初心者の勉強がしやすいです。AI、機械学習をしたい人にもおすすめで、Pythonが使われる有名なものではYouTubeです。

2についてですが、汎用性が高く、必要性が非常に高く転職などにも有利です。
このJavaを使われるもので有名なものはMinecraftです。

3についてですが、1のPythonと同様にわかりやすい言語で初心者向きです。PythonはAI、機械学習が得意ですが、Rubyはwebアプリ向きで有名なものではクックパッドに使われます。

最後に必要な資格についてです。
1.基本情報技術者試験
2.必要なプログラミング言語の資格

1についてですが、プログラミングというよりITで働くなら必要な資格です。その内容はセキュリティ、データベースなど実用性が高いです。
2についてですが、自分が仕事でいるプログラミング言語の資格です。具体的にはオラクル認定Javaプログラマ、Ruby技術者試験などがあります。

以上がプログラマーとして必要となる力となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました